2006年01月16日

no-title

posted by 鳴海まろん at 09:10| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

危険!!

只今UGを見てたためPCがネットへ繋げなくなった……;


ホントに危険だから手を出すのは止めます……m(_ _)m
posted by 鳴海まろん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

永遠のヒカリ




りぃぃん…



そう鐘が鳴る。



チラホラと雪が降ってくる季節

冬休み気分が街に漂い、だれもかれもが浮かれるそんな時期。

髪を上の方で二つに結んだ長髪の少年…瑠宇はモコモコのファー付きコートを着て街を歩いていた。

決して寂しいから彷徨いている訳ではないが、見る方から見ればそう思えてくる。

けれど彼自身は今凄く浮かれていた。

なぜならば遂に念願しまくっていた「あるもの」が買えたからである。


それは…………ギター。


趣味で始める人は結構いて、彼もその一人にすぎない。


ただ、飽きるのは早いが。


瑠宇は浮かれ気分のまま、片手にギターを持ってこの世で一番幸せそうな顔をして家に向かっていた。


(ああ…っ、ようやく念願のギターが…!
どれほどこの日を夢見ていたことか…!!)

くぅ〜っ…!と一人心の中で叫びながら早歩きで家へと向かう。

…なんともいえない微妙に近づけない雰囲気を出しまくりながら。




「ただいまぁ〜♪♪」

浮かれた声で告げるとリビングにあるソファーから同じ顔が出てきた。

兄の瑠依だ。


「おかえり〜…。何かいいことでもあったの?」


さすが兄弟。分かるものは分かってしまうのか…。



誰から見ても分かる顔をしているが。



「見て驚くなよ〜??」


ふふふっと笑いながら後ろに隠し持ってたギターを勢い良く見せつけた。


その瞬間瑠依は少し目を見開いていたのを見逃さなかった。



「どうだぁ!!ついに憧れのギターを手に入れたんだぁ〜♪♪
しかも中古とは思えないくらいに新品なレア物だよう〜☆☆」


きゃ〜〜っと女の子のように騒いでいるのは今はしょうがないと思う。

それになんだか瑠依も嬉しそうな顔をしているし。



「ねえ、瑠宇。そのギターちょっと見せてくんない?」

「もちろん♪♪壊すなよ〜??」

「わかってるって。」

苦笑しながら言うが過去に一回だけ落としてしまって修理にだしたのがある。

そのときはほぼ新品だったやつで相当ショックを受けた。


今度はちゃんと落とさないで渡せたが。


「…なかなか良いのを見つけてんじゃん。……瑠宇にしては。」

「僕だからに決まってんじゃん。
もしかして見つけたお店、教えて欲しいの〜??」

ニヤっと笑いながら瑠依の顔を見る。

案の定瑠依は顔を赤くしながらそっぽを向いて

「………別に。」

バレバレなのに必死で隠そうとする。


認めたくはないが僕そっくりだ。


「まぁとりあえずお店教えてあげる〜」

紙を出して簡単な地図を作ってあげた。


「ねぇ瑠依。コレってもしかして噂の…?」

「ご名答。例のお店でございま〜す☆☆」


頑固親父が店を出してるけど、気に入った客にしか売らないので有名で買うことが出来た人はかなりレアな人だと僕らの間では言われてる。
posted by 鳴海まろん at 19:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠のヒカリ

いつでも僕たちは一緒

いつでも僕たちは同じ


木漏れ日を見ながら同じように笑いながら言う。

「本当に僕たちって同じだよね〜」
「ほんと、鏡を見てるみたいだね。」

クスクスと双子の少年たちは笑う。

「僕たちはこれからもずっと一緒だよ??」

片方がそう言うと

「もちろんずっと一緒にいるよ。」

笑ってそう答える。


そのやり取りがもう二度と出来ないと知りながら…。



posted by 鳴海まろん at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

・・・






posted by 鳴海まろん at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

人形少女

だれもが幸せ感じていたとある日々

一人の少女も幸せだった

彼女は人形をいつも持ち歩き
ついたあだ名は『人形少女』

いつも赤い靴を履いて街を歩いていた


ある時街に災難が降り注いだ


「戦争だ!爆弾だ!」


幸せ脆くも崩れ去り人々逃げ惑う

爆撃容赦なく降り注ぐ

「どうして私たちがこんなめに…!」


女の呟き爆音飲み込まれて誰にも届かぬ…


『人形少女』林に逃げる
街が燃えているのを見ながら…

手に持った人形抱きしめながら
夜な夜な絶え間なく続く音を聞く


赤く光る閃光深紅に染まる街
その先にあるのは何の光か!

『人形少女』は問う

「どうして死なないといけないの…?」

少女の頭上に赤黒い塊降り注ぐ

小さな躰は粉々に

小さな人形粉々に

魂は残り『人形少女』は完全なる人形に…



それから幾年流れ小さな少女人形を持つ

赤い小さな人形を…




posted by 鳴海まろん at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

オンラインゲーム

ウァテスとしてプレイしています…


正直殴ってもダメージが少なくって驚いたり…


友達が欲しいょ〜(>_<)今は三人いるけど〜

だれか「エミル・クロニクル・オンライン」をプレイしてくり〜!
posted by 鳴海まろん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

笑っていよう
いつまでも

笑っていよう
どんな時も

笑っていよう
…悲しくても。



――――それが僕の精一杯の努力



皆に気付かれないように仮面を被って

皆に気付かれないように壁を作って


――――そして独りになる



なのに…どうして?

どうして僕の心の中に入ろうとするの…?


嫌だ嫌だ嫌だ…!


僕の側に来ないで!

僕の中に入らないで!


どうして僕を独りにしてくれないの…



「お前が必要だから」


僕はこの言葉が欲しかったんだ

僕はずっと誰かに必要とされたかった…!


僕は―――君の為に君の側にいるよ


君は僕の存在理由だから


…普段は照れくさくて言えないけど




―――――ありがとう






――――――――――――
〜あとがき〜
SO3のフェイトで相手はだれでも当てはめれます…
自分的にはアルベルで(笑)
posted by 鳴海まろん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

呪いの赤き鐘

夕暮れの街で赤く染まった鐘が鳴る


リンゴーン・・・リンゴーン・・・

街の人々 畏怖を込めて呼ぶ

「呪いの赤き鐘」と


街の少女、絶え間なく探す

「呪いの赤き鐘」を


赤き鐘に魅せられて無我夢中に探す 時間を忘れて・・・


「鐘」を見つけし時 少女は消え


「鐘」は更に赤く染まり 少女の骸が転がり


「鐘」は少女の血により 深紅に染まり



「鐘」に魅せられてまた一人・・・ 一人・・・



時間を忘れたかの如く 只 在り続ける赤き呪われた「鐘」



「鐘」の謎は誰にも分からず・・・



リンゴーン・・・ リンゴーン・・・



また一人 街から少女が消え失せる・・・












______________
〜あとがき〜
あさき記念。。
posted by 鳴海まろん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

幸せについて

紅葉がそろそろ赤くなるかな〜・・・。とか思う頃。
メルヘン王国は上着を羽織ってる人が増えたな、としか変わった様子はない。

それはユーリ城にも変わりはなく。

いつも通りユーリは昼に起き、本を読み。
スマイルはギャンブラーのDVDを見て喜んで。
アッシュは家事をする。

こんな時アッシュは幸せを感じていたり。


神はそれをなんとも優しい目で見ていた。


「なんて言うかな〜・・・。いいよな〜。だろ、六。」
「あ?何がだ?」

ベットの上で寝っ転がっていた六が返事を返す。

「いや、この感じがずっと続くといいな〜、と。」
「この感じ?」

六の上には?マークがさぞかし飛んでいるだろうな〜、とか思いつつ。

「こんな幸せが続くといいと思わないか?」
「・・・なったらいいが、それはあり得ない話だろ?」

まあ、確かにね。そうわかっていても願わずにはいられないものなのだよ。
とりあえず笑顔を作って言ってみたが、六は少し悲しげな顔をしてまた眠ってしまった。

「・・・あの妖怪どもの城にでも遊びに行くか。」

気分晴らしに同じ悩みを持つ吸血鬼たちのもとへ。




「よう、妖怪ども!遊びに来てやったぜ!」

反応はそれぞれ

「あ、神様!いらっしゃいッス!」
「珍しいじゃ〜ん。暇だったの〜?」
「・・・騒がしいのがきたか・・・。」

うん。こいつら反応がおもしろいな。
・・・ユーリはあらか様にいやそうな感じだが。

「丁度よかったッス。秋刀魚の料理作ったんスけど、食べますか?」
「マジで!?食う食う〜!」
「良かったね〜神。まともなご飯にありつけて。」

ヒッヒッヒ・・・と言いながらアッシュの後を追いかけていく。


・・・そしてユーリの今の状況は。


「・・・・・眠い〜・・・。」

なんとも可愛らしいネグリジェ姿で(同居人の入れ知恵だろう)半分眠っていた。
さっきまともに挨拶できたのが不思議だ。

「おいユーリ。寝ぼけてるのか?起きろよ。」
「・・・うるさい。私は起きているぞ。」
「でも足がフラフラしてるぞ」

む〜・・・とか言いながらソファに座り込み、また眠ってしまった。

「こいつやっぱ六並に可愛いかも。」

頭を撫でながら独り言。
こいつがこんな無防備になったのはあいつらのお陰かもしれない。

そう思いながら撫でていたら


「なにやってるんスか・・・?」
「抜け駆けは卑怯だよね〜・・・」


笑顔だけどにっこり笑っている二人に背後から声をかけられるのは予測通り。
ちゃっかりスマイルの手にはマシンガン。


怖〜・・・。


「まあ落ち着け。おれには六がいるんだから、ユーリには手を出さないよ。」

にっこり営業スマイル浮かべて返事をする。
まだ二人には疑心の色が見えたが何も見なかったことにする。

「さ、飯を食うぞ!」
「おなか壊さない程度にするッスよ!」
「・・・アッ君。神は子供じゃないんだから・・。」
「俺は永遠の子供だぞ?」
「「はいはい・・。」」






そのあと帰り際にようやくユーリが起きて談笑して帰るとき
小声で言った。

「・・・悩みがあったら来い。そんな悲しそうな顔をするもんじゃないぞ、MZD。
 お前が悲しそうな空気を出すと伝染するんだ。」


驚いた。
素直に、驚いた。

今までじゃ六にしか分からなかったから。

でも分かるモノには分かるんだな、そう思う。


「じゃあ今度からはそうするよ、ユーリ。・・・ありがとな。」


耳元で囁くように言い、後ろでスマイルとアッシュが騒いでるのを見て見ぬフリをして帰った。






「ただいま〜v六〜vv」
「げっ・・・。お帰り・・・。」

やっぱり六は大好きだ〜!・・・大丈夫かな、俺の頭・・・。
でも六を見たらもやもやが吹っ飛ぶな〜。

そんなことを考えながら抱きついていると

「M・・・!」

妙に戸惑った感じに俺を呼んだ。
抱きついていたのを放すと、赤い顔の六が一匹。

「あ、あのさ・・・。俺考えたんだけど、幸せってのは同じのじゃないし、あとからだって来るし、幸せが逃げたらずっと来ない訳じゃないし・・・。その・・・。」

今度はちゃんと微笑んで先を促した。
そしたら六も笑ってくれて

「・・・俺とこれから先、一緒に幸せを見つけていってもいいか・・・?」


こんなにも嬉しい事って、ホントにあったんだな。

やべぇ・・・マジメに嬉しいぞ・・・これ。


「六・・・!」

思わず抱きついてキスしても抵抗はしないでいて。
ちゃんとに返事を返した。

「一緒に幸せ見つけていこうな!六〜・・・!」



幸せが去っていくのを惜しむのをやめた。


これからは見つけていくからだ・・・












______________
〜あとがき〜
Deuilメンバーと神六で甘い話〜
ほんとはほのぼの妖怪メンバーにしようかと思ったが予定変更。

タイトルが「秋と言えば・・・」だったのに。
posted by 鳴海まろん at 17:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。